ぐるめぐり

ぐるめぐり♪美味しいもの食レポ完全網羅ブログ☆

ほんまの月寒あんぱん4種類をご紹介

 

前回ご紹介した北菓楼の開拓おかきに引き続き北海道のお菓子をご紹介したいと思います。

今回はほんまの月寒あんぱんです。
こちらも北海道物産展で良く見かける常連さんです。
知り合いから頂いたのは、プレーン(こしあん)、黒糖あん、黒胡麻あん、そしてスティックあんぱんです。

15405424164_46e60cd23f_z

それぞれ割ってみました。
プレーン(こしあん)
16055286882_d294584dfa_z 16055980795_3e4877b2a0_z

黒糖あん
16055271592_a2923b0628_z 15436313313_480a8c173d_z

黒胡麻あん
15405496754_be05e57bb3_z 16025811191_0392913dbf_z

それぞれ、パン屋で見かけるあんぱんとは全く違うあんぱんです。
まず皮はふっくらとしていないし、中身の餡もやや固めです。

公式サイトを見ると、月寒あんぱんを作るに至った経緯が書かれていました。
以下サイトより抜粋 参考:月寒あんぱん物語

明治8年頃、銀座の名物として大ヒットしていたあんぱん。
これを噂で伝え聞いたのが、月寒の連隊内で菓子を販売していた仙台出身の大沼甚三郎。「あんぱん」とやらいうものを自分も作ってみようと、あれやこれや想像しながら、月餅のようなまんじゅうを作り上げた。それが月寒あんぱんである。

なるほど。銀座で流行っていたあんぱんを想像で再現した結果、このようなあんぱんができたんですね。
たしかに見た目は月餅に近い感じはしますが、味は和菓子に近いと思います。
私は黒胡麻あんの味が一番好みです。

スティックあんぱん
15840423090_8ace6d70b6_z 15841633759_8f9419d3d5_z 15405435164_27c01687bd_z
皮と餡自体はプレーンの月寒あんぱんと変わらないと思います。
ただ、形が変わっただけ?と思ったのですが、皮の比率が多くなったので、食べた時の感じがちょっと違いますね。
私はノーマルの月寒あんぱんの方が好みですが、スティックあんぱんも美味しく頂けました。

公式サイトのオンラインショップもあるので、お取り寄せも可能なようです☆
>>月寒あんぱん本舗オンラインショップはこちら



応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ
にほんブログ村

 

和菓子   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
jk-live.tv(JKライブTV)はコチラ